日本・東洋の絵画

江戸時代以降の日本の作品が充実しています。
江戸時代では俵屋宗達・尾形光琳・酒井抱一・神坂雪佳などの琳派、
喜多川歌麿や葛飾北斎に代表される浮世絵、円山応挙や伊藤若冲など京都画壇、
近現代では菱田春草・横山大観・速水御舟・上村松園・小林古径・東山魁夷など、
多彩な顔ぶれがそろっています。

展示中の作品

岡田美術館の収蔵品の一部をご紹介します。