岡田美術館 OKADA MUSEUM OF ART

孔雀鳳凰図 (くじゃくほうおうず)

伊藤若冲 (いとうじゃくちゅう)

江戸時代 18世紀中頃
絹本着色 2幅
各140.8×82.6cm

この作品は、ちょうど伊藤若冲(1716~1800)の生誕300年にあたる2016年に、83年ぶりの大発見として報道され話題を呼びました。代表作「動植綵絵」(宮内庁三の丸尚蔵館蔵)30幅の制作が始まった宝暦7年(1757)頃、すなわち数え年42歳頃より前に描かれたと考えられるもので、若冲の画業では早い時期にあたります。いまだ初々しさが感じられ、細部までほどこされた緻密な描写が素晴らしい、まさに若冲の傑作の一つに数えられる作品です。広島藩浅野家12代藩主浅野長勲(ながこと 1842~1937)旧蔵。 ※2019年5月14日(火)まで展示