展覧会のご案内

  • 開催中の展覧会
  • 今後の展覧会
  • 過去の展覧会

―特別展―
魅惑のガラス ガレ、ドーム展 ―東洋の美に憧れて―

会期2017年4月8日(土)~7月21日(金)

―特別展― 魅惑のガラス ガレ、ドーム展 ―東洋の美に憧れて―

目にも美しく、まるで宝石のように光り輝くガレとドームのガラス。

エミール・ガレ(1846~1904)とドーム兄弟(兄オーギュスト1846~1904、弟アントナン1864~1930)は、アール・ヌーヴォーを代表する巨匠として、わが国でもとりわけ人気の高いガラス工芸作家です。

本展では、当館秘蔵のガレとドームのガラスコレクション全作品(約120件)を一堂に会し、併せて彼らが憧れ、その芸術に大きな影響を与えた日本・中国・韓国の絵画と工芸を展示します。

ガレとドームは、菊や秋草といった日本的なモチーフを好んで採用し、とくにガレにおいては墨絵や、天目茶碗など陶磁器に見られる窯変の景色(釉の変色)、あるいは玉の斑文や潤いのある質感など、東洋美術独特の文様やかたち、素材に憧れて、自身のガラス作品に表現しています。

幻想的ともいえる魅惑のガラス工芸と、長く豊かな歴史の中で育まれた東洋の美が織りなす、夢のコラボレーションをお楽しみください。

 

「ガレ、ドーム展」出展目録

常設展目録 1、2階展示室

常設展目録 3、5階展示室

展示作品

展示作品の一部をご紹介いたします。

エミール・ガレ</p>ジャーマンアイリス文花器</p>1900年頃
エミール・ガレ

ジャーマンアイリス文花器

1900年頃
ドーム兄弟</p>ベニウチワ文花器</p>1904~10年頃
ドーム兄弟

ベニウチワ文花器

1904~10年頃
エミール・ガレ</p>貝殻と海藻文壺</p>1901年頃
エミール・ガレ

貝殻と海藻文壺

1901年頃
吉州窯</p>玳皮天目茶碗</p>南宋時代
吉州窯

玳皮天目茶碗

南宋時代
エミール・ガレ</p>麦穂文花器</p>1899年
エミール・ガレ

麦穂文花器

1899年
神坂雪佳</p>燕子花図屏風</p>大正~昭和時代前期
神坂雪佳

燕子花図屏風

大正~昭和時代前期

ページ先頭に戻る

コンテンツをシェア