展覧会のご案内

  • 開催中の展覧会
  • 今後の展覧会
  • 過去の展覧会

―広重の版画を中心に―
美術館で巡る 東海道五十三次の旅

会期2016年12月23日(金・祝)~2017年4月2日(日)

―広重の版画を中心に― 美術館で巡る 東海道五十三次の旅

歌川広重(1797~1858)の保永堂版「東海道五十三次」は、53の宿場に日本橋(江戸)と三条大橋(京都)を加えた55図から成る浮世絵版画です。東海道を旅する人々や、その美しい風景を、季節や天候、時間の移ろいとともに描いた傑作として知られています。広重は生涯に20種を超える東海道シリーズを制作しましたが、中でも版元の保永堂(竹内孫八)が中心となって出版した「東海道五十三次」は爆発的な人気を集めました。本展は、この保永堂版を一挙公開するとともに、東海道の宿場に関連する名所の美術をあわせて展示いたします。東海道第10の宿場であり、最大の難所として知られた箱根に位置する岡田美術館で、「東海道五十三次」と名所の旅をお楽しみください。

 

 

特別展目録 2階、4階展示室

常設展目録 1階、2階展示室

常設展目録 3階,5階展示室

展示作品

展示作品の一部をご紹介いたします。

歌川広重</br>東海道五十三次 箱根</br>江戸時代後期
歌川広重
東海道五十三次 箱根
江戸時代後期
歌川広重</br>箱根温泉場ノ図・箱根湖上ノ不二</br>江戸時代後期
歌川広重
箱根温泉場ノ図・箱根湖上ノ不二
江戸時代後期
東海道五十三次蒔絵箪笥</br>江戸時代後期
東海道五十三次蒔絵箪笥
江戸時代後期
横山大観</br>霊峰一文字</br>大正15年(1926)
横山大観
霊峰一文字
大正15年(1926)
尾形乾山</br>色絵宇津山(蔦細道)図角皿</br>江戸時代中期
尾形乾山
色絵宇津山(蔦細道)図角皿
江戸時代中期
岡本秋暉</br>孔雀図</br>安政3年(1856)
岡本秋暉
孔雀図
安政3年(1856)

―再公開―
若冲「孔雀鳳凰図」

会期2017年2月1日(水)~4月2日(日)

―再公開― 若冲「孔雀鳳凰図」

「孔雀鳳凰図」は、2016年1月に83年ぶりの再発見が話題となった伊藤若冲の幻の名品です。

本作は、連日の長蛇の列が報道された東京都美術館での初公開後、当館では昨年9月から12月まで開催した「若冲と蕪村 江戸時代の画家たち」展にて展示し、ご好評をいただきました。

この度、多くのご要望にお応えし、2017年2月1日(水)~4月2日(日)の2か月間のみ、再公開する運びとなりました。特別展「美術館で巡る 東海道五十三次の旅」と併せて、江戸時代を代表する人気絵師・伊藤若冲と歌川広重の作品をお楽しみください。

展示作品

展示作品の一部をご紹介いたします。

伊藤若冲「孔雀鳳凰図」江戸時代 宝暦5年(1755)頃
伊藤若冲「孔雀鳳凰図」江戸時代 宝暦5年(1755)頃

ページ先頭に戻る

コンテンツをシェア