箱根・小涌谷 美の殿堂


展覧会

仁清と乾山 ―京のやきものと絵画―


仁清と乾山 ―京のやきものと絵画―

2017年11月3日(金・祝)~2018年4月1日(日)

 

江戸時代を代表する陶工野々村仁清(生没年不詳)と尾形乾山(1663~1743)。野々村仁清は鮮やかな色絵陶器を完成させた人物とされ、「京焼の祖」とも言われています。一方、尾形乾山は仁清に続いて京焼を発展させ、これまでにない革新的な器を生み出しました。本展では岡田美術館収蔵の仁清と乾山の作品を一堂に展示いたします。同じ京で作られた古清水や、尾形光琳・伊藤若冲の作品などと併せて、都で花開いた典雅な世界をお楽しみください。

展覧会の詳しい情報

お知らせ

箱根写真

    instagram

    コンテンツをシェア