美の殿堂 岡田美術館

箱根 岡田美術館 館内写真


清らかな山河をめぐって20もの温泉街が集まる国際的観光地・箱根。その一つ、小涌谷(こわくだに)温泉は、湯本駅から芦ノ湖に通じる国道一号線の半ばに位置しています。


2013年秋、東洋の美の結晶が一堂に会する大きな美術館が、ここに誕生しました。
小涌谷は、江戸時代、小地獄と呼ばれ、噴煙上る荒野でした。この地が生まれ変わったのは明治10年代のこと。実業家たちによって温泉場が開かれ、風情ある旅館やホテルが建造されるようになったのです。

岡田美術館 コレクション写真

美術館は、明治時代に存在した欧米人向けのホテル「開化亭」の跡地(約6,300m2)に建設。全5階から成る建物の延べ床面積は約7,700m2で、展示面積は約5,000m2にも及びます。この広い会場に、名誉館長岡田和生が蒐集した、日本・中国・韓国を中心とする古代から現代までの美術品が展示されています。

古くから日本で受け継がれてきた美術品を大切に守り、美と出会う楽しさを分かち合い、次代に伝え遺したい、との願いから、美術館が構想されました。そして、日本とアジアの文化を世界に発信し、広く文化の創造に貢献することを使命としています。岡田美術館は、この箱根の地より、皆様に「楽しい!」をお届けしてまいります。

自然と一体になった美術空間

美術館をご覧になった後は、約15,000m2の敷地が広がる庭園へ足をお運びいただき、湧水と樹木が織りなす自然豊かな空間を散策していただけます。
建物正面には、源泉掛け流しの足湯をご用意。足湯に浸かりお飲物を楽しみながら、福井江太郎による巨大壁画「風・刻(かぜ・とき)」(風神雷神図)をご鑑賞いただけます。


自然と一体になった岡田美術館で、至高の「美とやすらぎ」のときをお過ごしくださいますよう、ご来館をお待ちしております。

美術館体制

名誉館長 岡田 和生
館長 小林 忠
副館長 岡田 幸子
寺元 晴一郎
理事 富士本 淳

ページ先頭に戻る

コンテンツをシェア