コレクション一覧

江戸時代の琳派(りんぱ)の画家、尾形光琳「雪松群禽図屏風」から始まった岡田美術館のコレクション。
その後、日本の絵画や、日本・中国・韓国など東洋のやきものを中心に、さまざまな美術品が加わりました。当館の名品の中から、一部をご紹介いたします。(定期的に展示替を行いますので、展示されていない場合もございます。)

  • 日本・東洋の絵画
  • 日本・東洋のやきもの
  • 日本・東洋のうるし
  • 中国の青銅器
  • 祈りの世界

日本・東洋の絵画 日本・東洋の絵画 収蔵品の中心は、桃山・江戸時代から現代までの作品です。その中には、俵屋宗達・尾形光琳から酒井抱一、神坂雪佳に至る琳派、喜多川歌麿や葛飾北斎に代表される浮世絵をはじめ、菱田春草や横山大観、速水御舟、上村松園、小林古径、東山魁夷など、多彩な顔ぶれがそろっています。

日本・東洋のやきもの 日本・東洋のやきもの やきものコレクションには、東アジア(日本・中国・韓国)の名品が数多く含まれています。日本の土偶・埴輪に始まり、古九谷・鍋島、野々村仁清や尾形乾山の京焼、中国の古代から清朝、韓国の高麗・朝鮮時代まで、各時代のやきものがお楽しみいただけます。

日本・東洋のうるし 日本・東洋のうるし 琳派スタイルの華やかな蒔絵のほか、中国・韓国・琉球の精緻なうるし工芸が収蔵されています。それぞれの国や時代によって異なるうるしの魅力をお楽しみください。

中国の青銅器 中国の青銅器 紀元前のはるか昔に中国で作られ、現代にも伝わる希少な青銅器の名品をご覧いただけます。力強い造形、細かな文様表現、時代を経た美しい色合いなど、青銅器ならではの魅力をお楽しみください。

祈りの世界 祈りの世界 収蔵品には、仏教をはじめとする宗教美術も含まれます。飛鳥時代の誕生仏、平安時代や鎌倉時代の仏像の名品に加え、両界曼荼羅や来迎図などの仏画、経典や仏具をご覧いただけます。

ページ先頭に戻る

コンテンツをシェア