年間アーカイブ

オンラインイベント 北斎の夕べ終了

開催日程
2020年9月12日(土)19:00~20:00
開催場所
オンラインイベント
講師
岡田美術館 学芸員 稲墻朋子(いながきともこ)/国立アジア美術館(フリーア美術館、アーサー・M・サックラー・ギャラリー)学芸員 フランク・フェルテンズ

この度、岡田美術館とアメリカ・ワシントンDCのスミソニアン博物館群のひとつである国立アジア美術館(フリーア美術館、アーサー・M・サックラー・ギャラリー)は、北斎の生誕260年を記念し、日米を結んだオンラインでのトークイベントを開催します。

岡田美術館では、特別展「生誕260年記念 北斎の肉筆画 ―版画・春画の名作とともに―」を開催しており、当館収蔵の北斎の肉筆画10点を中心に版画・版本、春画を含む17点の作品を展示しています。フリーア美術館では、現在、新型コロナウイルスの影響により休館中ですが、同館の世界有数の北斎肉筆画コレクションを一挙に公開する「画狂北斎展」が開催されています。各展覧会の見どころや、両館の北斎のコレクションの主軸である肉筆画の魅力について、展覧会の担当学芸員・稲墻朋子(いながきともこ)と、フランク・フェルテンズ博士が、トークを繰り広げます。

 

日時:9月12日(土)19:00~20:00

主催:国立アジア美術館(フリーア美術館、アーサー・M・サックラー・ギャラリー)

協力:岡田美術館

参加費:無料

参加方法:オンライン(ZOOMでのライブ配信) 

定員:先着300名 ※9月12日(土)正午に応募を締め切らせていただきます。

 

※この度、お申し込みの方全員がZoomでご参加いただけるように、定員枠を300名にまで増やすことに致しました。(当日、Youtubeでのライブ配信は行いません)現在、お申込みいただいている方は全員、Zoomにて参加が可能です。開催間際での変更となり誠に申し訳ございません。ご不明点等ございましたら、下記問い合わせ先にまでご連絡をお願いいたします。スタッフ一同、当日のご参加を心よりお待ち申し上げております。

※視聴のご案内は、前日までにお申し込みいただいたメールアドレスにご案内いたします。

※事前に、Zoomアプリのダウンロードをお願いいたします。

 

本イベントに関するお問い合わせ:

国立アジア美術館 東京広報事務局

E-mailfreer@annex-inc.jp TEL:03-3237-3124/090-6535-7754

申込方法:こちらからお申込みください。

フランク・フェルテンズ

(国立アジア美術館 日本美術学芸員)

 

琳派をはじめとする中世後期美術および近世美術などの日本絵画が専門。日本の写真や、絵画と陶器の関係性なども研究している。学習院大学に文部科学省国費留学生、その後、客員研究員として日本美術を研究し、2016年にコロンビア大学で尾形光琳に関する論文で博士号を取得。ニューヨーク近代美術館研究員、ベルリン国立アジア美術館研究員、学習院大学非常勤講師、立教大学非常勤講師等の勤務を経て、アン・ヴァン・ビーマ基金の日本美術特別研究員としてスミソニアン協会国立アジア美術館(フリーア美術館とアーサー・・サックラー・ギャラリー)に勤務後、2017年より日本美術学芸員。日本美術に関する出版・講演活動に取り組み、最近は尾形光琳と酒井抱一の絵画や、土門拳について論文を執筆。茶道にも詳しく、裏千家の師範でもある。

  • 稲墻朋子(岡田美術館 学芸員)

     

    学習院大学大学院人文科学研究科博士後期課程単位取得退学。2011年より岡田美術館学芸員。専門は日本近世絵画史で、主に肉筆浮世絵を研究。「美術館で巡る広重「東海道五十三次」の旅」(2016年)、「歌麿大作「深川の雪」と「吉原の花」」(2017年)などの展覧会を担当。

年間アーカイブ