年間スケジュール

仁清と乾山 ―京のやきものと絵画―

仁清と乾山 ―京のやきものと絵画―

2017年11月3日(金・祝)~4月1日(日)

江戸時代を代表する陶工野々村仁清(生没年不詳)と尾形乾山(1663~1743)。本展では岡田美術館収蔵の仁清と乾山の作品を一堂に展示いたします。同じ京で作られた古清水や、尾形光琳・伊藤若冲の作品などと併せて、都で花開いた典雅な世界をお楽しみください。

歌麿大作「深川の雪」と「吉原の花」-138年ぶりの夢の再開-

歌麿大作「深川の雪」と「吉原の花」-138年ぶりの夢の再開-

2017年7月28日(金)~10月29日(日)

喜多川歌麿の大作「雪月花」三部作のうち、「吉原の花」をはるばる米国からお迎えし、当館蔵「深川の雪」とともに展示します。この2作品の日本での再会は実に138年ぶりのこと。「品川の月」は原寸大の高精細複製画を制作し、三部作を並べて公開します。

魅惑のガラス ガレ、ドーム展 ―東洋の美に憧れて

魅惑のガラス ガレ、ドーム展 ―東洋の美に憧れて

2017年4月8日(土)~7月21日(金)

本展では、当館秘蔵のガレとドームのガラスコレクション全作品(約120件)を一堂に会し、併せて彼らが憧れ、その芸術に大きな影響を与えた日本・中国・韓国の絵画と工芸を展示します。幻想的ともいえる魅惑のガラス工芸と、長く豊かな歴史の中で育まれた東洋の美が織りなす、夢のコラボレーションをお楽しみください。

 

ページ先頭に戻る

コンテンツをシェア